Garden Cottage POLLYANNA


八ヶ岳の森の小さなお宿

近頃のポリアンナ


       お知らせ❤→こちら

pollyanna11810

⇦Instagram

★このページは年頭から書足し,下段ほど過去のものとなります。写真をクリックしてごらんください。

七月も初旬を過ぎ、梅雨末期特有の豪雨(冷雨)に草花たちにはつらい日々が続いたがようやく梅雨明けを迎え夏本番。

  ルドベキア・フルギダ ヨロイグサ サポナリア イトバハルシャギク モナルダ 白花モナルダ エキナセア クロコスミア エメラルドレース イブキクガイソウ レンゲショウマ へレニウム カシワバアジサイ
ルドベキア・フルギダ Asteraceae Rudbeckia fulgida キク科ルドベキア属の多年草。 7/20日
ヨロイグサ Angelica dahurica セリ科の宿根草、根は生薬「ビャクシ」に使われ、草丈250cm茎は人の腕ほどの太さになる。 7/20日
サポナリア Saponaria officinalis ナデシコ科サボンソウ属の宿根草。 7/20日
イトバハルシャギク、キク科ハルシャギク属、北アメリカ東部原産の多年草。 7/20日
モナルダ(ベルガモット) Monarda シソ科モナルダ属の多年草、タイマツバナ、ヤグルマハッカともいわれる。 7/20日
白花モナルダ(ベルガモット) Monarda 7/17日
エキナセア(ムラサキバレンギク) Echinacea キク科ムラサキバレンギク属の多年草。 7/17日
クロコスミア(モントブレチア) Crocosmia ヒメヒオウギスイセンとも言われるアヤメ科クロコスミア属の球根、日本では古くから植栽されている。 7/17日
アメリカアジサイ・エメラルドレース ‘Emerald Lace’  Hydrangea arborescens 7/17日
    
イブキクガイソウ、ゴマノハグサ科クガイソウ属の多年草。伊吹山の固有種で本州に分布する基本種より草丈が低い。 7/7日
レンゲショウマ Anemonopsis macrophylla 日本在来種、1属1種の多年草。 7/7日
へレニウム・オータムナーレ 7/7日
カシワバアジサイ 7/7日

六月、梅雨とはいえ夜に集中して降るため涼しくもあり(肌寒いくらい)庭仕事にも何かと都合がいい。

朝の蓮池 伊予の獅子手毬 サルビア ガウラ 西詰庭 レブンシモツケ キヨスミサワ ホタルブクロ ビッグダディー サガエ ウンプレスウー オトギリソウ アカバナマツムシソウ ヤマアジサイ・シチダンカ ホスタ・ブレッシンガムブルー パニカム・クラウドナイン ハナショウブ コアジサイ アストランティア・マヨール ツクシイバラ ミヤコワスレ ハタザオキキョウ ノハラフウロ セイヨウナツユキソウ ウノハナ アルンクス ヤマボウシ
朝の蓮池、スイレンは未だおやすみ。 6/28日
ヤマアジサイ・伊予の獅子手毬 6/28日
サルビア・ホルミナム 6/27日
ガウラ 6/27日
西庭の奥、春の花が終わり夏の花までの端境期。 6/27日
レブンシモツケ 6/27日
ヤマアジサイ・キヨスミサワ 6月27日
在来のホタルブクロ 6/27日
ホスタ・ビッグダディー 6/27日
ホスタ・サガエ 6/27日
ホスタ・エンプレスウー 6/27日
オトギリソウ(ヒペリカム・ピーターダマー) 6/27日
アカバナマツムシソウ Knautia macedonica ヨーロッパ(ルーマニア~バルカン半島)原産、スイカズラ科の多年草。 6/27日
ヤマアジサイ・シチダンカ 6/26日
ホスタ・ブレッシンガムブルー、葉が青白かかった大型のギボウシ 6/26日
パニカム・クラウドナイン、北アメリカ原産のイネ科キビ属、草丈50~60cm。 6/26日
ハナショウブ 6/26日
コアジサイ、飾り花が無く手のひらに入るほどの小ぶり。 6/26日
アストランティア・マヨール、ヨーロッパ原産,セリ科の宿根草。 6/26日
ツクシイバラ、南九州に分布、葉に光沢があり花はピンクでノイバラより大きい。 6/21日
ミヤコワスレ、丈の高い草花に負けじと咲いている。 6/21日
ハタザオキキョウ、キキョウ科ホタルブクロ属の宿根草。 6/21日
ノハラフウロ、そろそろ花をつけたフウロは少なくなってきた。 6/21日
セイヨウナツユキソウ、バラ科シモツケソウ属の多年草、草丈2m。 6/21日
ウノハナ、アジサイ科ウツギ属の落葉低木。 6/21日
アルンクス・ディオイカス、和名:ヤマブキショウマ、バラ科の宿根草。 6/21日
ヤマボウシ 6/15日